アップデート   2018.12.04 00:00

ICカード、モバイルSuicaの乗車履歴とスケジューラ(Googleカレンダー、Office365、サイボウズ「Garoon」)の訪問履歴の自動マッチ機能をリリースしました。

自動マッチングにより交通費精算の際のスケジュールの転記作業が大幅に削減され、本来の業務に充てる時間が飛躍的に増えるので、各従業員の生産性を飛躍的に向上します。

従来の、交通履歴の日付から該当日のスケジュールを一覧表示して選ぶことで訪問先を入力する形から、スケジュールに登録されている予定の社名、住所などから、システムが訪問先を推測して自動的に入力する形に変わります。

日々ICカードから履歴を読み取っていれば、精算を行う際にkinconeにログインするだけで、すでに訪問先が入力されている状態となりますので、間違っているところを修正するだけで申請を行うことが可能です。

また、ユーザが修正した内容は学習するので、次回以降は正しく訪問先が入力されるようになります。

設定方法についてはこちらのマニュアルをご参照ください。