アップデート   2018.06.20 11:00

交通費一覧画面でGoogle/Office365のカレンダー情報を取得する際に時刻の情報も取得するように変更しました。

また、併せて時刻によりソートされるようになりましたので、交通費とイベントとの紐づけがさらに簡単になりました。