アップデート   2018.05.21 13:00

就業形態の設定にて休憩時間の設定を「一定時間以上勤務した場合に付与する」としていた場合、これまでは削除や変更ができませんでしたが従業員自身が変更できるようになりました。
なお、一度、削除や修正を行った場合、以降は打刻時の自動計算は行われなくなりますのでご注意ください。